実際にやっても大丈夫?気になるほくろの除去と病院の選び方

ほくろを取り除く手段と注意点

ほくろは体内のメラニン色素の細胞であるメラニサイトが周囲より高い密度で集まったことでできる母斑のことです。人によっては顔など周囲の目に付きやすい部分にほくろができてしまったことで頭を悩ませて取り除くことを考える人も少なくありません。
ほくろは外科手術が行える病院であればどこでも取り除くことができますが、施術を行う医師の技術力によって術後の跡の目立ちやすさが変わるので注意が必要です。そのため、病院の規模ではなく、実績や経験の有無で判断することが大切になります。
中には病院に行かずに自分で取り除く選択をする人もいますが、傷口が化膿してしまうなどトラブルに繋がることもあるので、自己処理は行ってはいけません。

施術での保険適用の有無

病院でほくろを取り除く施術を受ける上で気になるポイントが保険の適用の有無です。ほくろは状態や施術を受ける場所によって保険適用の有無が変わってきます。
まず最初の施術を受ける場所ですが、皮膚科であれば病院の規模に関わらず保険が適用が可能です。仮に皮膚科以外の所であっても通常よりも肥大していたり出血が見られるなど日常生活に影響が出ると判断されれば保険が適用されます。

病院によって異なる費用の相場

ほくろを取り除くために必要な費用は利用する病院や大きさによって異なるのが特徴です。
一般的な1mm以下の小さい物であれば数千円程度で済みますが、5mm以上のサイズになると数万円掛かってしまうこともあります。
諸経費を含めて最も費用を抑えられるのが皮膚科の病院で、2万円前後が相場です。美容整形などのクリニックを利用した場合には4万円前後になります。

自分ではなかなか行き届かない毛穴のケア。黒ずみや毛穴の乾燥の問題を解決してくれるのが毛穴 皮膚科です。傷つけることなく処置してくれます。毛穴のケアが必要な人は皮膚科に助けを求めましょう。