育毛剤の使用で、失敗と錯覚をしないために

育毛成分を活かすために

抜け毛が気になり始めたとき、多くの人が最初に試してみるのが育毛剤ではないでしょうか。育毛剤はテレビや新聞の広告で目にする機会が多く、「初回お試しキャンペーン」などを利用すれば、安価で購入できる商品もあるので、手を出しやすいのかもしれません。髪を構成する重要なタンパク質といえば、ケラチンです。育毛剤には、このケラチンが成分として含まれている商品が多くあります。ここで注意しなければならないのは、そもそも頭皮は老廃物を排泄する場所でもあるということです。頭皮は汗などの排泄器官であり、広い視点で見れば尿道や肛門と同じ役割を担っているともいえます。そのため、育毛剤はしっかり時間をかけて、頭皮に吸収させていかなければなりません。洗髪時のトリートメントのように、短時間で髪全体に振りかけてしまうと、ケラチンが毛根に吸収される効果が薄くなってしまうのです。

ハリやコシを与える育毛剤の落とし穴

また、髪にハリやコシを与えることを宣伝文句にしている育毛剤もあります。確かに、このような育毛剤を使用すると、髪にハリやコシが復活したように感じられることがあるかもしれません。しかし、それは既存の髪を育毛剤のトリートメント効果でコーティングしているだけの場合があります。髪がコーティングされたことで、ボリュームがアップしたと錯覚してしまうのです。初めて育毛剤を使用する方は、薄毛が改善されたように見えたとしても、それは本当に新しく髪が生えてきているのかどうかを正確に見極めなければなりません。

分け目が薄い方や地肌も見えている方や薄毛と細毛のケアができて細くて抜けやすい髪の毛の方に有効な女性の育毛剤があります